新型コロナウイルス災害お見舞い

<新型コロナウイルス災害お見舞い>

 

ICAP総裁 ヘルナンド・ゴンサレス・ジョルト様へ

 

親愛なるキューバ国民の皆さん

 

 突然出現した新型コロナウイルスが、一気に世界中に蔓延し、世界を破壊し続けています。人類は今まさに危機に直面しています。世界各国は、日々、ウイルスという見えない敵との戦いに奔走しています。そして、この戦いに打ち勝たなければ人類の未来はなくなってしまいます。そのためには、世界各国が手を取り合う必要があります。ウイルスはあまりに巨大です。そしてウイルスに国境はありません。

しかしながら、米国トランプ政権はこのような状況にもかかわらず、あくまでも自国第1主義のもと国際連帯・協調を拒絶しています。それどころか、キューバに対しては長年の理不尽で国際法にも違反する経済封鎖をさらに強化しているばかりでなく、キューバの国際医療貢献をも妨害するという非人道的な行為を行っています。つまり、キューバ国民の皆さんは、コロナウイルス、そしてトランプ政権という二つの敵との戦いを余儀なくされているということです。しかもこの2つの敵に屈するわけにはいきません。それは、この戦いには、私たちの未来がかかっているからです。

私たちは、キューバ国民の皆さんが幾度となく困難な状況に見舞われ、そしてその都度、高い理想の下、統制された組織的な対応によって、それらを巧みに乗り越えてきたことを知っています。今回も、皆さんがキューバ革命を成し遂げられた不屈の精神を持って、この厳しく困難な事態を巧みに乗り越えられるものと確信しております。そして、革命の歩みをさらに進めていかれることを期待しております。

日本キューバ友好協会は、キューバ国民とともにあります。このことをどうか忘れないでください。そして、必ずこの状況を乗り切ってくださいますように。

 

                      2020年4月12日、東京

                      日本キューバ友好協会理事長 工藤昌宏

 

 

                

 

 

Categoría
Bloqueo
Solidaridad
RSS Minrex